Open/Close Menu
Art
&
Life
miidesign by mikikawada

【PARTY REPORT】dinerenblancに参加してきました。

12118704_1030838266966761_5396117235136547963_n

パーティーを創るものが、パーティーを知らなくてはいかん!!ということで、既成概念に捕われないパーティーに参加して体験したことを記していきたいと思っています!

先月のことになりますが、dinerenblanc というパーティーに参加しました★

IMG_9477

dinerenblanc(ディネ・アン・ブラン)は20ヶ国以上61都市での開催されているパーティーです。全身白のドレスコードに加え、来場者が白のテーブルセットやフルコース・ディナーを持参する参加型スタイルも同イベントの特徴。会場一斉に頭上で白ナプキンを振り回す号令で始まったディナーにはさまざまなフルコースが持ち寄られ、ランタンや燭台型のテーブルライト、フラワーなどが食卓を彩ります。というか、彩らなければならない。。という様々なルールが!

12112268_1030838203633434_7498450781026309611_n

ルールをあげてみると…
必ず2人1組で参加する、カジュアルの服、Tシャツ、スニーカーはNG、前菜、メイン、デザートは必ず持ってくる、お皿やカトラリーの紙素材は駄目、折りたたみテーブル&イスの持参、テーブルを飾るお花、お酒はビールは駄目。シャンパン、ワインはOK...などなど。というか、ルールだらけ。
でも、このルールがどれもこれも私が大好きな要素ばかりで(女子にはたまらないのですよ)、楽しく準備することができました。

IMG_9431

ファッションの準備が特に楽しかった♪ワンピは前から古着で持っていたもの(刺繍のデザインががめっちゃかわいいのです)、靴は前職場のalfredbannister、パールのネックレスはおもちゃ(笑)そしてそして大好きなHAIGHT&ASHBURYで80’Sゴージャスピアスをこのパーティーのために購入♡ リボンの形が心臓を貫きました。。
IMG_9433

ここの古着屋さんが私は日本で一番くらいに好きです。HAIGHT&ASHBURY バイヤーさんが神なんですが、ウエディングドレスがもう悶絶する程素敵!!!そしてお値段もお手頃!!アンティークにはいろいろ種類があるのですが私はヘイトのブログではじめて自分は「エドワーディアン」の時代のアンティークがドンピシャということを知りました。今はまっている海外ドラマ ダウントン・アビーはまさにこの時代でファッションがめちゃくちゃ素敵なのでエドワーディアン好きな方がいたら是非見てみて下さい〜 ストーリーもめちゃいいです。

ヘイトのウエディングドレスがたくさん載っているページはこちら▶
HAIGHT&ASHBURY ウエディングドレス

開催する会場も当日までシークレット。最初に渋谷マークシティーに集合してからスタッフさんの誘導でさらに外苑前駅に移動。その後マップが渡され、会場となる聖徳記念絵画館に移動します。

タクシーで移動する私たち。。
IMG_9459

会場に到着すると、受付でテーブルを設置するブースナンバーを教えてもらいブースに移動してテーブルをセッティング!
おのおのにパーティーの時間を楽しみます。パーティー中はいくつかコンテンツもあって、当日、会場には1600人もの人がいたのですが、持参したナプキンを空中で回したり、ペンライトを掲げたりなど全員でやるパフォーマンスもディネ・アン・ブランの決まり事です。

12096219_1671175639795523_5107156868730359245_n 12140817_1671175633128857_2925378569729423801_n

私は、パーティーの時間、予備校時代から付き合いのあるYuちゃんと仕事や恋愛、これからのことなどいろんな話をしました。仕事が忙しいからなかなか会えなくて久々の再会だったのに大丈夫だったのかドキドキでしたが、この一風変わったパーティーを心から楽しんでくれました。全く話したことのない隣の方ともテーブルセッティングや持参したフードの話などで盛り上がったりもしました。

ファッション、食事、テーブルコーディネート、友人、恋人、場所、環境、音楽…
お洒落して、自分で用意したご飯やお酒を飲みながら気持のいい空間で、いい音楽を聴きながら過ごす時間。
カラッと晴れた清々しい秋空の下、なんとも素敵な時間を過ごすことができました。

スライドショーには JavaScript が必要です。

ルールがあるパーティーって、全体にビジュアル的に統一感がるし、ゲスト同士の連帯感も生まれる。フォトジェニックにもなるし、何より自分たちでこの時間を楽しむんだ!!っていう気持ちが湧いてかなりの達成感を与えてくれる。パーティー会場に向かうところからもうパーティーは始まってるっていう体験もとても新鮮だったし、パーティーのいろんな可能性を感じました!!「やるなら徹底的に」は、何事にも通じるけれど、やっぱり軸になるのだな。

※デメリットの話をすると、小さなお子さんや年配の方は参加が難しい…もう、荷物がとにかく重いのと、移動距離がかなりある3~5キロは歩いたり、会場について一時間以上待ったりとか…気が長くないときついかもです。久々に会った友人とだから話は尽きなかったけど!